2018年11月10日

日常と非日常。

都市創造フォーラム 群馬×京都が開かれた。

片倉工業の竹内相談役、JINSの田中社長、グンゼの児玉前社長、有斐斎弘道館の浜崎艦長の4人による意見交換。

「日常と非日常が入り混じるまち」
JINSの田中社長は前橋とは?という質問にこう答えていた。

流石だ。わかっている人はわかっている。

ハレとケの話をよくする。
まちなかはハレとケの入り混じる場所である。

それはハレとケのどちらがどうという話ではない。
どちらの良さもあるのだ。

私は弁天通りは“ケ”であると考えている。
前橋の日常がそこにはある。

逆に中央通りは“ハレ”である。特別なことが起きる場所。
これは現在そうだという話ではなく、そういったエリアブランディングが必要であるということである。

ハレの場では晴れ着が必要であり、誰かと出会ったり出かけて行く場所である。

逆にケは、いつもの人たちと過ごす場所だ。
そんな日常と非日常が入り混じることで起きる化学変化。
これが面白い。

わびというキーワードもあった。
無いところに価値を見出す発想の転換。
今の前橋にはこれが求められている。

我々は時代の転換期を生きているが、その毎日が時代の転換点である。
その点を意識して変革して行くことが大切だ。

前橋市議会 議員 岡 正己

過去の活動報告

最新記事

過去の活動報告

あかとねの日々の活動レポート

2020年7月7日

岡 正己 議員

色。

赤利根では、所属議員の活動や議会の情報について「赤利根ジャーナル」を通して皆様にお伝えしています。

お問い合わせ

お問い合わせは、下記からお願いします。

E-mail: info@akatone.net
Address: 〒371−8601 前橋市大手町二丁目12−1