2021年6月18日

質問と答弁。

17日から3日間の日程で総括質問が始まった。初日は9名がそれぞれの視点で質問を繰り広げた。改選後初めての総括質問になる議員もいて質問のスタイルなどがとても新鮮だった。38名それぞれの個性があって良い。いや、個性がなければならない。自分の地域や専門的な知見を生かしての質問は特に光っていて良い刺激になる。やはり、新型コロナウイルスに関して、ワクチンや必要な支援等の質問が多かった。

自分の質問と重なる質問も多いので他議員の質問と答弁を加味して自分の質問と要望を組み立てる。たまに全く同じような質問と、同じような答弁のやりとりをみているととても残念に感じてしまう。我々議員は38名でひとつなのだ。限られた時間の中で質問と答弁を繰り返すのは、はっきり言って無駄な時間である。それであれば「〇〇議員からの質問にもあったが〜」と付け加えて持論や要望を行えば良い。


通勤途中の景色。建物はもちろんそこに置かれている車によって景色が作られることもある。このアスファルト部分が芝生で、車が違う種類だったことを想像するとなんとまあ素敵な景色になる。車社会がこのまちの、この国の景色を変えてしまっているのだ。

□本日のめぶき 「ヴァンナチュール」
最近よくBIOワインとか自然派ワイン、ナチュールワインなどと耳にしていて自分でもなんとなくわかったつもりでいたのでこの機会にしっかりとめぶいておく。ブドウの栽培から収穫までと、ワインの醸造から瓶詰までの2段階において極力自然の力を利用して作られるものがヴァンナチュールだとされている。 ブドウの栽培では有機農法で栽培し、人の手でこだわって少量を栽培、ひとつずつ目でチェックして手摘みする、など。醸造から瓶詰まででは、安価な工場生産ワインと違って酸化防止剤を添加しない、着色料を使用しない、ブドウがもつ天然の酵母を利用して醸造する、などの特徴がある。

前橋市議会議員 岡 正己

過去の活動報告

過去の活動報告

あかとねの日々の活動レポート

2021年7月24日

岡 正己 議員

個店。

赤利根では、所属議員の活動や議会の情報について「赤利根ジャーナル」を通して皆様にお伝えしています。

お問い合わせ

お問い合わせは、下記からお願いします。

E-mail: info@akatone.net
Address: 〒371−8601 前橋市大手町二丁目12−1