2023年1月15日

地酒。

車移動ではいつもと一緒。たまにの土曜日は電車にて駒形方面へ向かう。電車で行くとなると自然と手土産を持って行きたくなるから不思議である。前橋の地酒を購入しようと前橋駅構内にある物産館VENT前橋に立ち寄る。そこには前橋物産館種類販売コーナーというものがあったがそこに前橋の地酒の姿はなかった。

前橋市は県庁所在地であることを考えても群馬県中のお酒があってもいいくらいなものだが前橋の地酒が置いていないというのはなんとも寂しい。お土産として前橋を持って帰っていただけるチャンスを逃しているとも捉えることができる。ちなみに前橋の地酒は、町田酒造柳沢酒造のふたつ。

こちらは議員になる前に副編集長として関わった前橋市の観光パンフレット「くるん」第1号のなかの1ページ。どちらの酒造も特徴があり是非ともお勧めしたい逸品ばかりである。前橋市民は地酒の感覚がないという話を聞いたことがある。県外から来たゲストの「地酒が飲みたい」というリクエストに、全国の地酒が飲めるお店に連れて行ってしまった人がいたというエピソードが語り継がれているくらいである。

地酒とは我々の土地の文化であり大切なプライドである。前橋駅で取り扱いできるように動いてみる。

□本日のめぶき 「駅から徒歩5分のサウナ」
目的地はJR駒形駅から徒歩5分のところにあるプライベートサウナ。

駅から徒歩5分という立地も最高だが、何よりそのプライベート感ととても冷たい水風呂、焚き火を見ながらの外気浴スペースなどバイパス沿いということを忘れてしまうような異空間がなんともたまらない。空き家に新しい価値を創造している好事例と言える。

前橋市議会議員 岡 正己

過去の活動報告

最新記事

過去の活動報告

あかとねの日々の活動レポート

赤利根では、所属議員の活動や議会の情報について「赤利根ジャーナル」を通して皆様にお伝えしています。

お問い合わせ

お問い合わせは、下記からお願いします。

E-mail: info@akatone.net
Address: 〒371−8601 前橋市大手町二丁目12−1